あなたの大切な家族を似顔絵に!~子育てママ絵師つれづれ日記~

似顔絵描いているママ絵師の日記や仕事です^^ アメブロのバックアップブログです。。。 リンクなど修正中です。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ブログネタ】漫画、小説、映像の台詞で一番インパクトがあったセリフ

* はんだのイラスト置場 *-はんだってこんなヤツ  * はんだのイラスト置場 *-料金表\  はんだのイラスト置場 ~3頭身-8頭身まで! 子育てママのおえかき館~-イラストタッチ一覧


はんだのイラスト置場 ~3頭身-8頭身まで! 子育てママのおえかき館~-ポストカード販売中♪  


* ●第3回「すくパラおすすめ」子育て日記 エントリーしました!●
投票用のメールの件名に「71. はんだ」と書いて投票していただけるとありがたいです。→投票ページ

※ブログは「アキバで働いたのも今は昔。」 でエントリーしています。こちらだと育児に関係ないイラストも多いので…。
※投票にはすくパラ倶楽部の会員登録が必要です。



漫画、小説、映像の台詞で一番インパクトがあったセリフ ブログネタ:漫画、小説、映像の台詞で一番インパクトがあったセリフ 参加中



うさぎドロップ (1) (FC (380))/宇仁田 ゆみ

¥980
Amazon.co.jp

最近7巻が出たんですけど、あまり有名じゃないせいか

(そりゃージャンプみたいな漫画と違ってマイナーだけど)

近くの本屋においてなくて、やっと違う本屋で見つけました。

(ネットで買わないアナログ人間なもんでw)


亡き祖父の隠し子の女の子(6歳)の存在がわかり
戸惑う親族をよそに主人公の独身、彼女なし男(30歳、会社員)が引き取って暮らしていく話です。


突然引き取っちゃったんでまだ小学校に上がれない女の子を保育園に入れようと

えっちらほっちらしていたときの一言。


「で 俺は保育園のことで大いに悩む

(中略)

な…なんかさ----

頭のいー人が行くよーな どでかい会社には----

会社に託児所とかあったりするらしいじゃねーか…


でもそれって どこの国の話っスか!?」

その後主人公はバリバリの営業職を捨て、定時に帰れる部署へ異動したのでした。


結構コレって思ってる人多いんじゃ…。

私みたいな能力も何もない人は特にそう思う。

結婚して共働きして、子供産んでも働いて…としたかったですけど、

結婚後の共働きでバテました(笑)毎日終電はキツイっすわー…(爆)

なので今は専業ママですけど(爆)




すべてがFになる (講談社ノベルス)/森 博嗣
¥1,029
Amazon.co.jp

ちょっと前に「スカイクロラ」 という映画がやってたと思いますが、

その作者が書いた小説です。



「数字の中で、7だけが孤独なのよ」


「現実とは考える瞬間だけ、人間の思考に表われる幻想だ。

普段そんなものは存在しない」


数字に「孤独」と使うなんて…と思いました。

実は数学的理由に適った理由からなんですけど。
算数でつまずいた私に説明しろと言われてもさーっぱり無理ですが、

この小説は面白かったです。


簡単に言っちゃえば推理小説なんですが、

なんだか理数系な話、哲学的な話が出てきて面白かったんです。

ハマッてしまってシリーズ全部持ってますから(笑)



今だど漫画は読めても小説はなかなか読めなくて

(1度ハマるとどっぷりハマるので現実になかなか戻ってこないw)

すこし余裕ができたらまだ読んでない本とか読みたいです。




-------------------------------------------------------------------------

* はんだのイラスト置場 *-ランキングバナー
今日はバレンタインデーですね♪うちはゲームをせがまれてます(笑)

* はんだのイラスト置場 *-バナー

育児日記など毎日更新中!こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m



スポンサーサイト

| ■雑記 | 09:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1 ■そうですよ

 本当育休とかってどこの世界の話しって感じで...それ以前に有給って何?ボーナスって何?ってところでながーく働いていましたので。もうこうなったらボーナス関係ないくらい稼ぐしかないんですが....半ばヤケです^^

| モンスターAM(イラスト描きのお仕事承ります^^) | 2010/02/14 15:13 | URL | ≫ EDIT

2 ■無題

いくきゅー・・・うちも無縁です。笑
共働きはきついです!土日だけでもばててますから・・・汗
でもくじけず探そうと思います^^おこづかいがほしー★

| ぷーか | 2010/02/14 22:39 | URL | ≫ EDIT

3 ■ほほ~

「諦めたら、そこで試合終了だよ」

スラムダンク

「考えるべきことは、するかしないかではなく
一度すると決めたことを、どう最善を尽くすか・・・」

BASARA


全部、漫画じゃ~~~(/TДT)/


育休とらないで辞めちゃう女性いっぱいいますけど
絶対、もったいない!!って思っちゃうのは
私だけ??
社会保険払ってきたなら、絶対に育休・産休とるべきだと思う!!
会社が払うお金じゃないし、保険だもの!
これは権利だ~~!!
でも景気悪いから・・・、きびちい世の中かも 涙

| おかなお | 2010/02/14 22:52 | URL | ≫ EDIT

4 ■森博嗣

『すべてがFになる』で森博嗣にはまりました。
読んだ後、何かがポロッと落ちたような感じでした。
このシリーズを随分読んで、
その後に少し時代をスライドさせたシリーズが出て‥
この人の出版スピードについて行けませんでした。。。

| カズ | 2010/02/15 10:19 | URL | ≫ EDIT

5 ■>モンスターAM(イラスト描きのお仕事承ります^^)さん

本当そうですね。
制度があっても使える環境じゃないところが多いみたいですし。
私なんか零細企業にしかいたことないから
使った人いませんでしたし(笑)
…女性が圧倒的に少ないとこれまた困りもんです。
すこし男性女性関係なく、やさしい社会になろうさ~。

| はんだ | 2010/02/15 11:08 | URL | ≫ EDIT

6 ■>ぷーかさん

妊娠前に共働きでしたけど
キツかったっす(T▽T;)
仕事と家庭のバランスって大事なんだ…と
改めて知りました。
でも家庭が1番ですからね。
家庭ありきの仕事にしたいものです^^

ぷーかさん、きっといい仕事見つかりますよ~♪
私もがんばらにゃ~。

| はんだ | 2010/02/15 11:11 | URL | ≫ EDIT

7 ■>おかなおさん

育休使わないのは私ももったいないとは思いますけど
その人が知ってるか、育休を使える会社、環境であるかもかなり大きいと思います。

前の会社は零細企業で育休は使った人いなかったし
(多分あったんでしょうけど。女性社員が少ないとこういうとき困りますww)
旦那の会社は育休あけの女性は社員からパートに降格。
知り合いの妊婦さんは名のある大企業に勤めてますけど
社長の特例で育休が認められた、ってくらいです。
世の中厳し~!!!

以前、妊娠を機に会社を辞めたと書いたことがあるんですが、
まだ妊娠したと確証がなかったので
会社には「仕事と家庭のバランスが取れないので辞めます」と言い、
ハローワークには「自己都合による退社」と言いました。
その後妊娠がわかり、失業保険のもらえる期間を延ばそうかどうか考えましたけど、
無理そうなのでやめて。
でも自己都合でやめてるので3ヶ月はもらえない上に、その後3ヶ月もらうにしても
その間を求職しながら失業状態を保つのは難しいな~と思って。
(その間に育ちますしねw)

そこで思いついたのが職業訓練校。
試験に受かっちゃえば通い始めてからすぐ給付金は出るし、
普通にもらうよりかなり多くもらえますし。
試験を受けたときは妊娠を隠し、
後に「実は妊娠がわかって…」と告げました。
途中でやめずに無事卒業しましたよ~!
仕事見つけませんでしたけど(笑)
周りを見るとめっちゃ少ないけれど身重の女性が何人か…。
多分、同じこと考えてるんだ~と思いました。
かーちゃん、がんばった~!!!
…と思ったら妊娠後期は絶対安静になっちゃいました(笑)
里帰り先の産院からは「無理して働いてませんでしたか?」
…とか言われちゃいましたよww

そういう意味ではすこしがんばりました(笑)
多分、出産手当金よりは少ないでしょうが…・°・(ノД`)・°・

| はんだ | 2010/02/15 11:34 | URL | ≫ EDIT

8 ■>カズさん

私もコレで森博嗣にはまりました!
読んだ後、なにか落ちた感じしました!!
出版スピードすごかったですよね~!!
今はだいぶのんびりになりましたが…。
とにかく通勤時間に読み漁ってました。

最近のは言葉は以前より難解じゃなくなりましたね。
読みやすくなったと言うか。
あのうにょうにょした表現が好きだったんですけど(笑)

| はんだ | 2010/02/15 11:41 | URL | ≫ EDIT

9 ■やっぱり厳しいものなんですね

私も、小さな会社でした。妊娠したら
会社を辞めるっていうのが暗黙のルールみたいな雰囲気の会社でした

でも、仕事続けたいって言ったら
(本当に続けたかったから)
自分も調べて、会社も調べてくれて
会社初の育休・産休&復帰ができました
その後、右肩下がりの業績で、残念なことに
人員削減されてしまったんですが 涙

職業訓練で・・・大変だったのですね( ̄Д ̄;;

そういう方法があるとは知りませんでしたヽ(;´ω`)ノ
世の中、知らなかった・・・という事
けっこうあるのかもですね 悔しい!

かーちゃんになると、強くなるねばならい・・・
という時があるかもしれませんね

| おかなお | 2010/02/15 16:39 | URL | ≫ EDIT

10 ■>おかなおさん

私の友達も小さな会社で働いていて、
妊娠=退職が当たり前の会社でした。
でもある女性社員が立ち上がりましたが
会社が「妊娠したら退職が当たり前」を曲げないので
労働局に訴えて産休、育休を得たそうです。
友達はその社員さんに感謝だわ~!と言ってました。
その友達、去年に2人目を生んで2回目の育休中です。

おかなおさんや訴えた女性、そして友達のようにパワフルな方って最高っす~!!
見習わないとです~。

訓練校は身内で行ってた人がいたので
教えてもらったんです(笑)

| はんだ | 2010/02/15 17:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://niyaelle.blog.fc2.com/tb.php/170-bd609453

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。